ロックチスレッドロッカーズ

*

ファミコンジェネレーションには懐かしい、耳よりファミコンに今度は専念

   

最近何かと話題の任天堂ですが、昨日の報告でミニファミリーコンピュータを発売し始めたという話を知りました。ここの職場は次から次へと大ヒット商品を開発する認識が強いですが、此度もアポイントメントが殺到しているそうで、者の魂をとらえるのが上手いなあと思いました。昔のファミコンの削減されたものが発売されたとして、我々はファミコンで遊んだ年頃ですから当然のように欲しくなりました。旧娯楽カセットは主体に差し秘めないらしく、ちょっぴり残念ですが、有名な娯楽称号が五臓されていますので会心できそうです。元、超絶マリオで苦戦したステージを今度こそクリアしてみたいという心持ちが再燃してきています。昔やり記したことはいつまでも気になるものですね。最近の娯楽は進化し過ぎて、特に携帯のアプリゲームは自動で娯楽が進行して行く印象で少々喜びに欠けていました。今の子供達はこれが普通だと思っているかもしれませんが、我々はファミコンでハードルの高い娯楽を攻略してきましたから、やはり物足りなさを感じます。きっと私の年頃以上の方々はおんなじ感想を抱くのではないかと。豆ファミコンの目線人物層はずばり30代末日以外だ。いい大人が年甲斐もなく乳幼児返りして娯楽を楽しむ、なんだか抱腹絶倒見晴らしですね。でも私もなんだかんだ言いながら任天堂の作戦に軽々とかかってしまいそうです。

 - 日記