ロックチスレッドロッカーズ

*

要請と真相がこんがらがる状況ってありませんか

   

朝方寝ぼけていると、お願いと実情がごっちゃになってわけがこんがらがる時があります。
例えば起きた場合必死に物を探したり、夢の中で怪我をしたフィールドを触ってみたりなどです。
少し経ってから、あれ?今のって夢だったんだと見抜くのです。
これくらいならまだ良いのですが、時々美味しいものを食するお願いを見てまぶたが覚めた場合口がまだモグモグ動いてる時があります。
当然口の中には何も入っておらず、あれ?とやっと見抜くのです。
わたくしは寝言とかはあまり言わないと引き取り手にも言われましたが、この寝ぼけて起きてからもお願いを夢だったとすぐに認識できない状況があり、自分でもちょっと恥ずかしいだ。
今朝は何故か綿あめを採り入れるお願いを見ていて、起きた場合布団を握りしめていました。
さすがに口には入れてませんが、ふわふわした知覚が本当に綿あめのように感じて布団と認識するのに少し日にちがかかりました。
身の回りたちと旅立ちなどに行った場合、誰かの前で寝ぼけて面白事柄をしたらいかんせんと、ちょっぴり悩みの種だったりします。

 - 日記